学生だった頃、どうしても、数日間お金がたりなくて、田舎からの送金もまちきれず、友達に頭をさげて、お金を借りた事があります。
その友達はかなり高圧的でしたが、こちらもせっぱつまっていたので、その人からお金を借りる事しか思いつきませんでした。
が、借りた翌日から、私がその知人からお金を借りていることが、私の周辺にバレバレ。
どうして皆が知っているのかと思えば、その友達が皆に面白おかしく言いふらしていたのです。
お金はアルバイト代が入って、3日後にはすぐにお礼をつけて、返却することができましたが、知人に言いふらされてしまった恥ずかしさ、そしてその友達への不信感、お金を借りることを焦って、友達から借りた自分の不甲斐なさを痛感しました。
その時、後になって知ったのが、学生のアルバイトであっても、消費者金融でお金が貸してもらえた、という事でした。
3日で返済できる見込みがあったので、これならば消費者金融即日でお金を借りた方が、わだかまりもなく、お礼もしなくて済んだし、今の時代なら30日間無利息なんていう、サービスもあるので、つくづく、お金は友達からかりないで、
消費者金融機関で借りた方が正解だな、と悟りました。

キャッシングというのは、その名のとおりお金を借りることになります。そのお金を借りるという目的は1つでも、その借りる方法にはいくつかあります。では、どのような方法があるのかをこれからご紹介していきます。
まずは1番簡単な方法では、今あなたが手持ちのクレジットカードやキャッシュカードの機能についている、キャッシング機能を使ってキャッシングをする方法です。これはお使いになられているクレジットカードやキャッシュカードにより変わりますが、提携先のATMからキャッシング可能です。
ATMの画面の中にはキャッシングに関する項目が出てきますので、それを選択します。そして暗証番号などを入力したりして、借りたい金額を入力します。すると、その入力した金額のお金を借りることができるのです。
この方法でキャッシングする場合には、特別手続きや事前の準備は必要ありません。もし、キャッシングしようと思ったら、まずはお手持ちのカードにキャッシング機能がついているかをチェックしてみてください。
このようにクレジットカードやキャッシュカードで手軽に簡単にキャッシングできる反面、銀行口座から引き落とし感覚でできるため、キチンと前もってキャッシングをする目的を決めておく必要があるのです。キャッシングをしたら、必ず返すことを忘れないようにして、お金を借りてくださいね。そのためにも返済計画も決めたうえで、借りていることを忘れないでください。